熱電対・温度センサー

  1. TOP
  2. 熱電対・温度センサー

熱電対・温度センサー

エンクラッド、白金合金製シース熱電対

エンクラッドは、BASF社(旧エンゲルハード社)の白金、または白金合金のシース熱電対です。

白金、または白金合金のシースは耐熱や耐酸性に優れ、高温の溶融ガラスからロケット排気ガスの温度まで計測できます。

エンクラッドの構造
enclad_con

 

エンクラッド、シーズ材料の種類と耐熱性

使用する環境、温度、負荷などを考慮してシース材料をご選定ください。 衝撃や振動、負荷サイクルなどのように商品の寿命に影響を与える要素もご考慮下さい。

白金合金のシースは酸化に強く、化学的腐食にも耐性があります。白金合金のロジウムの割合が増えると、酸化物分散型強化白金(ODS)と同様に高温での強度が増します。白金合金は1,600℃またはそれ以上の高温での酸化雰囲気で使用できる唯一の材料です。

高価な白金合金シースだけで無く、お求めやすいニッケル合金、インコネル600製シースも用意しています。

シース材質 耐熱温度*1 絶縁材 シース外径と肉厚
型番 材質 1.0mm 1.6mm 3.2mm
PR10 白金、10%ロジウム 1,500℃ MgO*2 0.15mm 0.25mm 0.46mm
90%Pt, 10%Rh
INC インコネル600 800℃
ニッケル合金

*1 BASF社(旧エンゲルハード社)の経験による一般的な用途での耐熱温度

*2 酸化マグネシウム(マグネシア)、発火前の部分的に焼結した母材(純度99.4%)だけを使用して、シース・ケーブルの欠陥を防いでいます。 密度の低い紛体充填や湿式押出法を使用していません。

 

エンクラッド、熱電対の種類
熱電対の種類と材質 起電力表

温度範囲

常用限度*1 精度
種類 材質 過熱使用*1  温度範囲 許容差
R 87%Pt, 13%Rh -50~1,768℃ 1,400℃ 0~600℃未満 ±1.5℃*2
100%Pt 1,600℃ 600~1,600℃未満 ±0.25%t*2
B 70%Pt, 30%Rh 0~1,820℃ 1,500℃ 600~1,700℃未満 ±0.5%t*3
94%Pt, 6%Rh 1,700℃

*1 JIS C1602:2015  常用限度と過熱使用限度、RとB 0.5mm
*2 JIS C1602:2015 R、クラス2
*3 JIS C1602:2015 B、クラス3

 

エンクラッドの型番
型番構成
熱電対の種類 シースの外径 シース材質
B or R 10 or 16 or 32 INC or PR10
型番 シース材料 シース外径*1 熱電対の種類 素線径*1
B10PR10 白金、10%ロジウム 1.0mm B熱電対 0.15mm
B16PR10 1.6mm 0.25mm
B32PR10 3.2mm 0.46mm
R10INC インコネル600 1.0mm R熱電対 0.15mm
R16INC 1.6mm 0.25mm
R32INC 3.2mm 0.46mm
R10PR10 白金、10%ロジウム 1.0mm 0.15mm
R16PR10 1.6mm 0.25mm
R32PR10 3.2mm 0.46mm

*1 エンクラッドのシース外径、肉厚、素線径はJIS C1605:1995、シース熱電対規格に準拠していません。JIS C1605:1995には白金合金シースやRやB熱電対の規定がありません。

 

 

スーパーXL、ニッケル合金シース熱電対

スーパーXLは、オメガエンジニアリング社(現スペクトリス社)が開発したニッケル合金のシース熱電対です。

インコネル600(NCF600)などの他のニッケル合金シース熱電対より高温での測定と耐久性に優れています。

スーパーXLは高温で強固な耐酸性のある保護膜を形成して、熱電対素線を保護します。その為、高温でも長時間、正確な測定を可能にします。

燃焼ガスや高温の空気中であれば、1,150℃まで長期間ご使用できます。
また、塩素が含まれた酸化性環境やアンモニアなど窒化物を多く含んだ環境でも優れた耐高温ガス腐食性を示し、980℃以上で使用できます。

スーパーXLの特徴
JIS規格の常用限度温度を超える高温でも安定しています。
1,149℃での長期高温試験でインコネル600(NCF600)など他のニッケル合金シース熱電対は、15週間で許容範囲、±0.4%t℃から外れましたが、スーパーXLは25週まで安定した起電力を発生しました。

JIS C1605:1995、シース熱電対規格の外径3.2mmシース熱電対Bの常用限度温度は750℃です。

superxl_graph1
JIS規格の過熱使用温度を超える高温での測定が可能です。
1,335℃までの温度上昇試験で他のニッケル合金シース熱電対は、1,200℃を超えると許容範囲、±0.4%t℃から外れました。スーパーXLは1,335℃まで許容範囲に入りました。

JIS C1602:2015 のK熱電対、素線径、0.65mmの過熱使用限度は850℃です。(外径1.6mmスーパーXLの素線径は0.25mmです。)

superxl_graph2

 

スーパーXLの構造
superxl_con superxl_flex

 

スーパーXLシース外径と肉厚
シース材質 連続使用

温度*1

絶縁材 シース外径と肉厚  (単位: mm)
型番 材質 1.0 1.6 3.2 4.8 6.4 7.0
XL Ni合金 1,150℃ MgO 0.18 0.25 0.46 0.64 0.91 1.02

*1 オメガエンジニアリング社の経験による一般的な用途での連続使用温度

スーパーXL、ニッケル合金の高温特性
特性 比重 融点 電気抵抗率 熱伝導率 弾性率 引張強度 伸率
8.5 1,380℃ 116μΩ・cm 36.7W/m・K 137GPa 50MPa 80%
温度 21℃ 1,200℃ 1,000℃ 1,100℃

 

スーパーXL、熱電対の種類

スーパーXLにはKとN熱電対を用意しています。

スーパーXLのK、N熱電対はASTM E230のSuper Limit of Errorに準拠しています。ASTM E230のSuper Limit of Errorの規格は±1.1℃(275℃)、或いは±0.4%t℃で、JIS C1602:2015のクラス1に相当します。

熱電対の種類と材質 起電力表

温度範囲

常用限度*1 精度
種類 材質 過熱使用*1  温度範囲 許容差
K ニッケルクロム -270~1,372℃ 1,000℃ -40~375℃未満 ±1.5℃*2
ニッケル 1,200℃ 375~1,000℃未満 ±0.4%t*2
N ニッケルクロム -270~1,300℃ 1,200℃ -40~375℃未満 ±1.5℃*2
銅ニッケル 1,250℃ 375~1,000℃未満 ±0.4%t*2

*1 JIS C1602:2015  常用限度と過熱使用限度、KとN 素線径3.2mm
*2 JIS C1602:2015 K、N、クラス1

 

スーパーXLの型番
型番構成
熱電対の種類 シースの外径 シース材質
K or N 10、16、32、48、64 or 80 XL
型番 シース材料 シース外径*1 熱電対の種類 素線径 連続使用
温度
JIS参考値
常用限度
K10XL スーパーXL 1.0mm K熱電対 0.15mm 815℃ 650℃
K16XL 1.6mm 0.25mm
K32XL 3.2mm 0.53mm 1,150℃ 750℃
K48XL 4.8mm 0.81mm 900℃
K64XL 6.4mm 1.02mm 1,000℃
K80XL 8.0mm 1.27mm 1,050℃
N10XL 1.0mm N熱電対 0.15mm 815℃ 650℃
N16XL 1.6mm 0.25mm
N32XL 3.2mm 0.53mm 1,150℃ 750℃
N48XL 4.8mm 0.81mm 900℃
N64XL 6.4mm 1.02mm 1,000℃
N68XL 8.0mm 1.27mm 1,050℃

*1 スーパーXLのシース外径はJIS C1605:1995、シース熱電対規格に準拠していません。JISに準拠した外径をご希望の方はご相談ください。
1mm以下のシース外径も入手可能です。ご希望の方はご相談ください。

 

 

表面温度計(ケース入り)

バイメタル式
6種類の温度範囲
3種類の取付け方法
風防付

文字盤と温度指針がケースに収められたPTC社の標準的な表面温度計です。

バイメタルには風防が取り付けられているので風の影響を防ぎます。

表面温度計は個々に校正され、シリアル番号が文字盤に記載されています。



6種類の温度範囲
温度範囲型番 312C 313C 314C 315C 330C 350C
温度範囲 -20~120℃ -20~250℃ -10~400℃ -15~65℃ -70~70℃ -30~70℃
(140℃) (270℃) (410℃) (80℃) (140℃) (100℃)
最小目盛 1℃ 2℃ 5℃ 1℃ 2℃ 1℃
精度* ±3℃ ±5℃ ±8℃ ±2℃ ±3℃ ±2℃

*目盛範囲の±2%です。

 

3種類の取付け方法
取付け型番 なし RR T1
取付け品名 デュアル・マグネット レール タブ・マウント
 
取付け方法  アルニコ磁石2個* アルニコ磁石4個* ネジ等で固定
構造
312CRR、315CRR、350CRRはガラス板では無く、PC板になります。
備考

鉄道レールなど振動があり、マグネット2個では取付けに不安があるような場合

取付けピッチ:54.8mm取付け穴: φ8mm

350CRRレールへの取り付け

*高温では磁力が弱くなります。

 

置き針

最高、又は最低温度を記録することが出来る置き針1本タイプのLモデル、両方の温度を記録できる置き針2本タイプのMMモデルもあります。

置き針型番 なし L MM
 
置き針数 なし 1本(赤) 2本(赤と青)
置き針リセット なし ノブを回わす 赤:ノブを回わす。
青:磁石で移動314.5MM
用途 最低、または最高温度の記録 最低と最高温度の記録
314.5MM

 

寸法と重量
置き針
なし 1本 2本
本体 5.1cm
高さ 1.3cm 2.1cm
重量 約40~60g
パッケージ サイズ 10cm x 7cm -3cm
重量 約80~100g

 

型 番
メイン型番 末尾型番(取付け+置き針)  目盛範囲 最小目盛 精度*
温度範囲 置き針 取付け
なし 1本 2本
312C L MM 磁石2個 -20~120℃ 1℃ ±3℃
RR** RRL RRMM 磁石4個
T1 T1L T1MM タブ
313C L MM 磁石2個 -20~250℃ 2℃ ±5℃
RR RRL RRMM 磁石4個
T1 T1L T1MM タブ
314C L MM 磁石2個 -10~400℃ 5℃ ±8℃
RR RRL T1MM 磁石4個
T1 T1L T1MM タブ
315C L MM 磁石2個 -15~65℃  1℃  ±2℃
RR** RRL RRMM 磁石4個
T1 T1L T1MM タブ
330C L MM 磁石2個 -70~70℃ 2℃ ±3℃
RR RRL RRMM 磁石4個
T1 T1L T1MM タブ
350C RR** RRL RRMM 磁石4個 -30~70℃ 1℃ ±2℃

*目盛範囲の±2%です。

**ポリカーボネート板と赤い温度指針、それ以外はガラス板と黒い温度指針

 

校正と校正証明書

PTC社では下記2種類のNIST*トレーサブルの校正証明書を有償で作成いたします。

校正証明書が必要な場合は製品と一緒にご注文下さい。

簡易書式 製品の温度範囲から3点を選らんで校正しますが、校正結果を記録しません。

同一モデル、3台までが同じ価格になっていますので、割安な校正証明書です。

詳細書式(A) 製品の温度範囲から3点を選んで校正し、それぞれの校正前(再校正の場合)と

校正後の結果を記録します。

PTC社の校正施設は、ISO/IEC 17025と ANSI/NCSL Z540-1規格に適合しているとA2LA**に認定されています。

*NIST : アメリカ国立標準技術研究所
**A2LA : 米国試験所認定協会

密閉型表面温度計

バイメタル
密閉型

PTC社の310シリーズ、密閉型表面温度計は、シリコーンゴムのガスケットで、曲面ガラスと金属ボディをシールしているので、塵や埃、湿度から温度計を守ります。
また、再校正の必要なく長時間ご使用頂けます。

密閉型表面温度計は、周囲の温度に影響を受け難く、温度計底面側の温度だけを測定するように設計されています。
冷蔵庫、冷凍庫、炉、ボイラーなどの外壁からの漏れ温度を測定するのに最適です。

 

取付け方式

密閉型表面温度計、本体には磁石が付いていません。

水平面以外の場所に取り付ける場合は、オプションのマグネット・クランプ(型番:310.7)、またはシリコーングリース(型番:310.8)を使用します。

マグネット・クランプ シリコーングリース
 

 

寸法と重量

本体 径 : 5.1cm
本体高さ : 1.3cm
本体重量 : 28g

型 番
型番 目盛範囲 最小目盛 精度* クランプ グリース
309C -50~110℃ 2℃ ±3℃ 型番:310.7

オプション

型番:310.8

オプション

310C -10~150℃ ±3℃
311C  20-180℃ ±3℃

*目盛範囲の±2%です。

 

スポット・チェック表面温度計

バイメタル
軽量
迅速な温度測定

PTC社の570シリーズ、スポットチェックは、文字盤ケースや防風ケースを排除し、熱容積を小さくした表面温度計で、迅速な温度測定が可能です。

付属のリフターノブで高温になったスポットチェックを安全に持ち上げることが出来ます。

アウトガスを発生するインクやエナメルを使用していないステンレス製文字盤モデルもあります。

スポット・チェック表面温度計は個々に校正されていますが、シリアル番号は刻印されていません。
有償の校正証明書付でご注文された場合に、文字盤の裏にシリアル番号が刻印されます。

マグネット・クランプ付モデル

スポット・チェック表面温度計は水平、又はゆるかな曲面に設置するように設計されていますが、マグネット・クランプ*を使用すれば、水平で無い鉄製表面にも設置することが出来ます

*高温では磁力が弱くなります。

置き針モデル付モデル

置き針付モデルを使用すれば、測定中の最低・最高温度を記録することが出来ます。

 

寸法と重量

本体 径 : 4.2cm
本体高さ : 1.4cm
本体重量 : 6g (旧モデル* : 14g)

*旧モデルは白地のホーロー製の文字盤です。

型 番
 型番 文字盤材質 目盛範囲 最小目盛 精度* クランプ 置き針
571C メタルフォト** 10-160℃

1℃ ±3℃ × ×
571CM ×
571CMM
572C  10-260℃

 2℃  ±5℃ × ×
572CM ×
574CM
573C   0-525℃

 5℃ ±11℃ × ×
573CM ×
575CM
575CMSS  ステンレス  0-525℃ 5℃ ±11℃

*目盛範囲の±2%です。

**メタルフォトは米国Horizons社の登録商標のアルミ板です。

572F本体 572FMマグネット付 575CMマグネット・置針付

573CM_back

573CM 裏面

573CM_placed

573CM マグネット・クランプ

赤外線オーブン表面温度計

バイメタル
赤外線オーブン用
放射熱と表面温度の測定
軽量、迅速な測定

PTC社の580シリーズ、赤外線オーブン表面温度計は、放射熱がバイメタルに直接あたるように設計されています。

また、バイメタルが直接、表面に接触し、熱容積の小さい設計は応答速度の早い表面温度計としてご使用頂けます。

付属のリフターノブで高温になったスポットチェックを安全に持ち上げることが出来ます。

 

置き針付

最高温度を記録することが可能な置き針が標準で付属します。

マグネット・クランプ付モデル

赤外線オーブン表面温度計は水平、又はゆるかな曲面に設置するように設計されていますが、マグネット・クランプ*を使用すれば、水平で無い鉄製表面にも設置することが出来ます

*高温では磁力が弱くなります。

マグネット・クランプの使用方法は、スポット・チェック表面温度計 のカタログをご参照ください。

寸法と重量

本体 径 : 4.2cm
本体高さ : 1.4cm
本体重量 : 6g

型 番
 型番 目盛範囲 最小目盛 精度* クランプ 置き針
580C  10-425℃ 5℃ ±13℃ ×
580CM

*目盛範囲の±3%です。

 

 

ミニ・スポット・チェック表面温度計

バイメタル
小型・軽量
迅速な温度測定

PTC社の675シリーズ、ミニ・スポット・チェック、狭い場所での表面温度測定に適しています。

ミニ・スポット・チェックは、熱排気ダクト、放熱板、熱交換器、実験用ヒーター、ホットプレートなどで使われています。

また、多くのミニ・スポット・チェックを並べ、温度分布を記録すれば、等温線などの資料を作成することが出来ます。

 

置き針付
最高温度や最低温度を記録することが可能な置き針が標準で付属します。

 

寸法と重量

本体 径 : 1.9cm
本体高さ : 1.0cm
本体重量 : 5g

型 番
 型番 目盛範囲 最小目盛 精度* 置き針
674C 10-135℃ 5℃ ±2.5℃
675C  -20-250℃  5℃  ±5℃
676C   10-400℃  5℃ ±8℃

*目盛範囲の±2%です。

 

パイプ表面温度計

バイメタル
パイプ表面温度測定

パイプ表面の温度を測定するバイメタル式温度計です。 パイプへの取り付けはクリップ方式とスプリング方式があります。

 

取付け方式
クリップ式 スプリング式
サイズ パイプサイズ パイプサイズ
S 3/4” ~ 7/8”、20A 3/4″~6”、20A~150A*
M 1” ~ 1-5/8”、25A~40A
L 1-5/8” ~ 2-3/8”、50A 追加スプリングを使えば6″以上可

*スプリング式は、3/4″、2″、4”用の3本のステンレス製スプリング(型番:486.84))が付属します。

スプリング式セット内容 スプリング式の組立 スプリング式裏側

 

寸法と重量

本体 径 : 5.1cm
本体高さ : 2.5cm
本体重量 : 28g (クリップ部、スプリング部除く)

型 番
クリップ式型番 スプリング式
型番
目盛範囲 最小目盛 精度*
サイズ
483C- S M L 483C -20-70℃ 2℃ ±2℃
484C- 486C -40-120℃ ±3℃
485C- 487C  20-180℃ ±4℃
488C  20-260℃ ±6℃

*目盛範囲の±2%です。

 

タンク表面温度計

バイメタル
強力磁石付
ガスボンベの表面温度の測定

PTC社の520シリーズ、タンク表面温度計は、ガスボンベ、シリンダー等のタンクに取り付けて、ガス充填時のタンク表面温度をモニタリングに使用します。


 

取付け方法

強力な磁石が付いていますので、スチール製タンクにそのまま取り付けることが出来ます。
アルミ製タンクにはオプションのベルト(型番:SSK)を使用して、取り付けて下さい。

 スチール製タンクの場合 アルミ製タンクの場合
SSKベルト(オプション)

 

寸法と重量

本体長さ : 10.8cm
本体 巾 : 5.7cm
本体高さ : 1.4cm
本体重量 : 170g

型 番
 型番 目盛範囲 最小目盛 精度* 置き針**
520-315C -15~65℃ 1℃ ±1.6℃ ×
520-312C -20~120℃ ±2.8℃ ×
520-350C -30~70℃ ±2.0℃ ×

*目盛範囲の±2%です。

**最高、または最低温度を記録する置き針をご希望の方はご相談ください。

 

PTC社 表面温度計 型番索引

型番 温度範囲 末尾型番とシリーズ名
密閉型
309 -50~110℃ C
310 -10~150℃
311 -20~180℃
デュアル・マグネット レール タブ・マウント
312 -20~120℃ C CL CMM CRR CRRL CRRMM CT1
313 -20~250℃
314  10~400℃
315 -15~65℃
330 -70~70℃
350 -30~70℃  -
パイプ表面
SPR式 クリップ式
483 -50~110℃ C CS CM CL
484 -40~120℃
485  20~180℃
486 -40~120℃ C
487  20~180℃
488  20~260℃
タンク用表面
520-312 -20~120℃ C
520-315 -15~65℃
520-350 -30~70℃
スポット・チェック
C CM CMM CMSS
571  10~160℃
572  10~260℃
573   0~525℃
574  10~260℃
575   0~525℃
赤外線
580  10~425℃ C CM
ミニ
674   0~135℃ C
675 -20~250℃
676   10~400℃
室温
815 -15~65℃ C CL

 

Top